iPadならDocumentsでダウンロードと表示

iPadでもcl-aip電子本を閲覧することはできましたが,今までその方法を紹介してこなかった理由は,iTunesの同期を使ってPCからiPadにダウンロードするとか,デバイスをポートレイト(縦長)からランドスケープ(横長)にすると,自動的に左右二画面表示に切り替わってしまうとか,色々な不都合があったからでした.ところが,Readdle社のDocumentsを使うと文書の取り扱いがパソコンのように容易になって,電子本のダウンロードと閲覧もほぼKindleなみになるということが分かったのです.

というわけで,iPadをお持ちの方はまずはお手元のiPadにApp Storeから無料のDocumentsをダウンロード・インストールしましょう.

Documentsを立ち上げると,左欄のメニューに書類フォルダー,iCloud,ブラウザ,Wi-Fi転送,アドオンの選択メニューが表示されます.このうちのブラウザを使ってcl-aip電子本のサイト(http://volume.cl-aip.website [上下巻合本用] ,http://volume1.cl-aip.website [上巻用] ,http://volume2.cl-aip.website [下巻用]) にアクセスします.あとはパソコンからアクセスするのと同様なやり方で電子本をダウンロードすればよいわけです.ただし,iPadではawz3は表示できません.ePubフォーマットをダウンロードしてください

ダウンロードした文書は書類フォルダーの中のダウンロードフォルダ―にダウンロードされます.ダウンロードフォルダ―を開いてダウンロードされたePub電子本を開けば,その内容を閲覧することができます.

最初に閲覧するときには,Kindleと同様に画面上部でタップして「AA」アイコンをクリックし,文字の大きさと文字種の選択では文字種を「デフォールト」にしてください.

CalibreからKindleデバイスにドキュメントを送る

オントロノミー合同会社発行の電子書籍(ePub, mobi, azw3)をCalibre経由でKindleデバイスに送る方法について,説明します.Clibre経由ではなく,直接USB接続でファイルを送る方法についてはこちらこちらをご覧ください.

Calibreはオープンソースの電子書籍管理システムです.CalibreはUSBでKindleデバイスをPCに接続すると自動的に認識しますので,Calibre+Kindleデバイスの組み合わせはとても便利です.これがiPadになると少し面倒になり,一旦CalibreをiTunesに接続し,iTunesにドキュメントを送ったのち,iTunesとiPadの同期をとってiPadに送ることになります.それについてはこの次のブログ記事で紹介します.

Calibreのインストールと設定

Calibreを使うとcl-aip本だけでなく,各種フォーマットの電子書籍を統一的に管理して,ePubからmobi(iPadで閲覧)やazw3(Kindleで閲覧)に変換することもできるし,Calibre自身の機能で閲覧することもできます.くわしくは公式ホームページこちらをご覧ください.

まずはこちらから自分の環境に合わせたものをダウンロードします.Linux環境ではダウンロードページの記載にしたがって,コマンドでダウンロード及びインストールを実行します.インストールが完了すると最初だけWelcome wizardが走ります.

ライブラリ・フォルダの指定

Windowsでは最初の起動時に自分のドキュメントフォルダの直下の「Calibre Library」フォルダが,Linuxでは各自のホームディレクトリの直下に「Calibre Library」ディレクトリがデフォールトのCalibreホームディレクトリとなっています.それで問題がなければ,そのまま次へを押します.

連携するデバイスを指定

続いて,次のような画面でCalibreと連携させたいデバイスを指定します.androidの場合にはphoneかtabletかとwith Kindle readerかそうでないかで4通りの選択枝があります.AppleのiPad,iPhoneなどのiOS関係では,CalibreからはiTunesを経由してデバイスに送ります.これについては次のブログ記事で報告します.ここではKindle Fireを例に説明します.

Kindleデバイスのsend-to-kindleアドレスの指定

次の画面で本来ならば,Amazonとメールを介してやり取りをするのに必要な情報を入れるのですが,ここでは関係ありませんので,空欄のままで次へを押します.

このような画面になれば,完了ボタンを押して設定終了です.

すると今度は次のような画面が出ますので,「Launch Calibre」のチェックを入れたまま,Finishを押します.

cl-aip本の登録とデバイスへの送信

インストール直後では,何も登録されていない状態で,次のような画面になっているはずです.Calibreの更新時には,Calibre Libraryフォルダを変えない限り,フォルダの中身を自動認識して,そのまま現状の登録が引き継がれます.

Calibreにcl-aip本を登録するには,上部メニューアイコンの「本を追加」を選んでボタンを押下します.するとエクスプローラのダイアログが開きますので,そこでダウンロードしたフォルダに移動して,cl-aip本を選択します.

すると,Calibre Libraryに本が取り込まれます.画面表示が変わったことを確認して,ここでKindleデバイスを付属の正規USBケーブルを使ってPCと接続すると,少し時間がたってからCalibreがKindleを認識して次のような画面に変化するはずです.

ここでは新たに上部メニューに「デバイスに送信アイテム」と「デバイスアイテム」が出現し,「デバイス上」という欄が左に現れるのがポイントです.この状態で「デバイスに送信」を押せば,右下の「ジョブ数」のところが変化し,作業中のしるしが動きます.

送信が終了すれば,ジョブ数は0に戻ります.すると画面は次のように「デバイス上」にチェックマークが入っているはずです.

これで,改めてKindleデバイスの本を選んで内容を見てみれば,cl-aip本がダウンロードされて見えているはずです.無事に送信されたことを確認したら,必ずデバイスメニューのサブメニューからこのデバイスの取り出しを選んで実行してください.その後,実際にUSBケーブルを取り外します.

Kindle Fire で読む

(2018/12/14再編集, 2018/10/19再編集, 2018/07/19再編集)

以下本記事では,Kindle Fireタブレットの場合を説明します.ご自分のKindle が Fireタブレットかどうか分からない方は,こちらをご覧ください

cl-aipダウンロードとKindle Fireタブレットへのインストール

Kindle および Fireタブレットでは,ePubフォーマットは読めません.mobi か awz になります.オントロノミー合同会社から提供されるのは,ePub,mobi,awz3 の3種類がありますが,Kindle および Fireタブレットには,awz3をお使いください.mobi+DRMがawzではありません.オントロノミー合同会社が配布するawz3はDRMなしです.つまり,いくつでもコピーして複数のデバイスにインストールできます.これはお客様を信用して,弊社の管理の手間を省くと同時に,お客様の便宜を図るためです.よろしくお願いいたします.

今のところ,Amazonを経由してお手元のデバイスにインストールする方法はありません.Send-to-Kindle Eメールアドレスを使う方法を色々試してみましたが,Amazon からはエラーが返ってきてしまいます.原因をAmazon Japan に問い合わせても分かりませんでした.

お手元にインストールするだけならもっと簡単でいい方法があります.それはお使いのKindleデバイスで直接本のデリバリ・サイト(http://volume.cl-aip.website [上下巻合本用] ,http://volume1.cl-aip.website [上巻用] ,http://volume2.cl-aip.website [下巻用]) にアクセスしダウンロードする方法です.ただし,この方法ではKindle Fireの場合にはDownloadフォルダ内に保存され,そのままではKindleに本として認識させることができません.これをDocumentフォルダに移動すれば,本として認識できます.FireでないKindleならこの方法でダウンロードするだけで本として認識できます.

Kindle Fire に本として認識させるには,もう一つの方法があります.以下の方法でデバイスにインストールすれば,問題なく本として表示されます.少々面倒かもしれませんが,パソコンからUSB経由で確実にインストールできます.

  1. パソコンにawz3ファイルをダウンロードする
    1. Kindle FireタブレットとパソコンをUSB接続する
      接続には Kindle Fire 付属のUSBケーブルをご利用ください.接続時にパソコンが接続を認識すれば,通常の外部ドライブのようにFireがこんなふうに見えます.
    2. このように Fire が見えない場合には,デバイスマネジャーが壊れている可能性があります.こちらを参考にして,MTP USB デバイスのドライバーを再インストールしてください.
  2. documentsフォルダにawz3ファイルをコピーまたは移動
    Fireをクリックすると,次のようにドライブが表示されます.この内部ストレージをクリックすると次のようなフォルダ群が見えます.Documentsフォルダにダウンロードした cl-aip ファイルを移動あるいはペーストします.
  3. USB接続を切断し,ケーブルを外す

Kindle Fire に戻って本の表示をすれば,cl-aip本が見えるはずです.それをタッチして開けばOKです.

もし自動的には表示されなかったら,一旦ホームに戻ってドキュメントを開けば,cl-aipファイルが見えるはずです.それをタップして開くことができます.

インストールしたら最初に行うこと

無事にインストールできたら,文字の大きさを好みの大きさにして,必ず文書に組み込みのフォントに変更します.(以下はKindle paper white の場合ですが,方法は同じです.)

画面上部中央をタップして,次のようなメニュー画面を出します.メニューの Aa をタップします.

次にフォントをタップして,フォント変更用メニューを出します.

ここで,Publisher Font を選択します.すると,cl-aip に組み込みのフォントが表示に用いられるようになります.

 

Kindle で読む

(2018/10/19再編集, 2018/07/19再編集)

電子書籍用のガジェットは色々ありますが,何といっても一番ポピュラーなものは Amazon の Kindle シリーズでしょう.実はこの電子書籍も,色々試したあげく,Kindle できれいに表示できるように調製されています.というわけで,これから何か電子書籍用ガジェットを買って cl-aip 本を読んでみようとされる方には,Kindle をお勧めいたします.

Kindle には今では Kindle,Kindle Paperwhite,Kindle Voyage,Kindle Oasis(以上は E Inc を表示媒体に使っている)に加えて,Fireタブレット(iPad に似てカラーディスプレイで表示)があります.ソフトウェア的に両者は似ていると思いきや,実際にはかなり違います.FireタブレットはAndroidをベースにAmazonが独自にカスタマイズしたFireOSとされていますが,電子ペーパーを使ったKindleについては一切 OS の情報はなく,両者は使い勝手もかなり違います.私は Kindle第8世代と,Kindle Fire HD 6,HD 10 を使用していますが,普段使うのはどうしても Fire になります.これは好みもありますね.常識的にはKindleの方が安いと思いきや,最近では変わらなくなりました.ソフトウェアエンジニアには Fireタブレットの方がなじみやすいということは言えると思います.色々なアプリを入れて使うなら, Fireタブレット一押しとなります.

以下本記事では,最初に Kindle を使って cl-aip を読む場合について解説し,この後の記事で Fireタブレットの場合を説明します.

cl-aipダウンロードとKindleへのインストール

Kindle および Fireタブレットでは,ePubフォーマットは読めません.mobi か awz になります.オントロノミー合同会社から提供されるのは,ePub,mobi,awz3 の3種類がありますが,Kindle および Fireタブレットには,awz3をお使いください.mobi+DRMがawzではありません.オントロノミー合同会社が配布するawz3はDRMなしです.つまり,いくつでもコピーして複数のデバイスにインストールできます.これはお客様を信用して,弊社の管理の手間を省くと同時に,お客様の便宜を図るためです.よろしくお願いいたします.

今のところ,Amazonを経由してお手元のデバイスにインストールする方法はありません.Send-to-Kindle Eメールアドレスを使う方法を色々試してみましたが,Amazon からはエラーが返ってきてしまいます.原因をAmazon Japan に問い合わせても分かりませんでした.

もっと簡単でいい方法があります.それはお使いのKindleデバイスで直接本のデリバリ・サイト(http://volume.cl-aip.website [上下巻合本用] ,http://volume1.cl-aip.website [上巻用] ,http://volume2.cl-aip.website [下巻用]) にアクセスしダウンロードする方法です.FireでないKindleの場合にはダウンロードされたファイルはdocumentsに入るため正しくホーム画面で表示されます.(今のところKindleの簡易ブラウザは使いにくく,特に完全なタイプ入力を行わずに途中で表示された語の選択を行うと,自動的に空白がつきますので,URL入力の時には注意が必要です.)

少々面倒かもしれませんが,パソコンからUSB経由でインストールするには次のようにします.

  1. パソコンにawz3ファイルをダウンロードする
  2. Kindle とパソコンをUSB接続する
    接続にはKindle付属のUSBケーブルをご利用ください.パソコンが通常のUSBメモリ接続時と同様に反応して,こんなふうに通常のUSB接続時と同様に見えればOKです.
  3. documentsフォルダにawz3ファイルをコピーまたは移動
    Kindleフォルダを開いて,documentsフォルダの中にファイルを入れます.
  4. USB接続を切断し,ケーブルを外す

すると,トップのアイテムとしてcl-aip本が見えるはずです.トップ画面に戻すには左上隅をタップして家のマークをタッチすれば戻れます.

インストールされたファイルの画面をタッチして開けばOKです.

インストールしたら最初に行うこと

無事インストールできたら,文字の大きさを好みの大きさにして,必ず文書に組み込みのフォントに変更します.

画面の左上隅をタップして選択メニュー画面を出したら,Aa のアイコンをタッチします.

するとフォントタブの画面が出ますので,そこで「出版社のフォント」を選択します.また,フォントの大きさは Aa の大きさを見て選択調整します.

バツ印を押して終了すれば,コード部分のインデンテーションは固定幅できちんとわかりやすく表示されるようになります.

 

 

初心者向けCommon Lisp講習会のお知らせ

以下の要領で,初心者向けのCommon Lisp講習会を実施します.

  • 人工知能に興味のある人
  • プログラミングに興味のある人
  • 今まで色々なプログラミング言語にチャレンジしてきたけど挫折をした人

是非こちらの講習会に参加してCommon Lispプログラミングを始めましょう.

  • ゼロから始めるCommon Lisp入門(横浜),2017年1月9日,お申込みはこちらから
  • ゼロから始めるCommon Lisp入門(関西),2017年1月16日,お申込みはこちらから

PCで閲覧する

パソコン上で電子書籍を閲覧するには,電子書籍用リーダーアプリをパソコンにインストールします.小説のような電子書籍ではあまり問題は生じないのですが,「Common Lisp と 人工知能プログラミング」のように,章節があって,本文中にプログラムリストを含むような書籍では,どんなリーダーでもOKというわけにはいきません.

いくつかの電子書籍リーダーのうち,お薦めは Adobe Digital Editions です.フォントは変更できませんが綺麗で読みやすく,太字も表示できます.以下に例を示します.

ADE表示例

ADEのダウンロードとインストール

Adobe Digital Editions のダウンロードサイトに行って,

  • Download Digital Edition ○.○.○ Macintosh (22MB)
  • Download Digital Edition ○.○.○ Windows (8.24MB)

のいずれかを選択して,ダウンロードとインストールを行います.

ただし,Adobe ID の設定を求められます.ADEは使うたびに背後でユーザーID,端末のID,IPアドレス,読書履歴がAdobeまで上げられるということで,問題になっているようです.詳しくは,こちらを参考にしてください.Kindleを使っても同様なことはありますが,情報が暗号化されていないのが問題とは言えるかもしれません.

ADEではEPUBは読めますが,mobiは読めません.iBooksはmobiも読めますので,Macをお持ちの方であれば,iTunesとiBooksの組み合せがまっとうな道かとも思います.これについては情報がいくらでもありますので,ここでは詳細は省略します.

PC上のhontoはストア以外から書籍をインポートする方法がないために使えません.

Kinoppyは一見いいように見えますが,なぜかコード表示における半角スペースが倍の幅になってしまうので,これも非推奨です.

KindleやiPadでの閲覧方法は別途お知らせします.